>> TOP

>> シンポジウム

肉ラボでは皆様とお肉の架け橋になるべく、参加型シンポジウムを行っています。参加すると、お肉の新しい在り方や発見、謎が垣間みえることでしょう。2015年6月5日には、第1回目のシンポジウム「肉J」を開催します。詳しくは肉J特設サイトをご覧ください。

1.肉Jとは何か

肉Jとは、国立総合お肉研究所肉ラボ(The National Synthetic Laboratory Of ONIKU)主催の参加型シンポジウムです。お肉の「ビジュアル(Visual)」「香り(Smell)」「音(Sound)」を一度に楽しむことができます。
- 開催の意図-
肉Jを開催した理由として、「肉ラボの存在を世の中に広める」「肉ラボの研究している内容を理解してもらう」ということが挙げられます。お肉のことを「ビジュアル(Visual)」「香り(Smell)」「音(Sound)」の三方向(VSSの法則)から研究することにより、より深いお肉への理解やお肉との共存の未来が見えてきます。

2.活動内容詳細

まず、肉ラボ独自の技術で開発した七輪で美味しいお肉を焼きます。(Smell)
七輪の両サイドにスピーカーを設置し、七輪の前方にマイクを取り付け、マイクで音を取り、スピーカーから「ジュゥゥウ〜…」という音を流します。(Sound)
網にカメラを取り付け、カメラの映像をプロジェクターで壁に映し出し、ビジュアルを楽しみます。(Visual)

- DJ BAMBAの活躍-
肉Jではお肉をDJする際に高度な技術が必要であると判断したため、急遽NY(NikuYork)出身のプロDJを雇用することになりました。
DJ BAMBAはその巧みなお肉さばきから、「七輪の上の女王」という通り名で世間を騒がせています。
本番では音に合わせてお肉を網に押し付け、お肉の焼く音を京都精華大学に響き渡らせてくださいました。

3.肉ラボ製品について

肉Jを開催するにあたり、肉ラボの製品をより皆様に知っていただくために物販を用意しました。

お肉CD “Niku On The Fire” 300円

お肉の種類別で焼く音に違いはあるのか、という疑問から生まれたCDです。
種類別の焼く音が収録されています。

肉ラボTシャツ(白)2900円

肉ラボのロゴマーク入りTシャツです。
最新の技術を駆使し、お肉研究員がひとつひとつ手作りで印刷しています。

肉ラボTシャツ(黒)2900円

肉ラボのロゴマーク入りTシャツです。
最新の技術を駆使し、お肉研究員がひとつひとつ手作りで印刷しています。

肉ラボTシャツ(緑)2900円

肉ラボのロゴマーク入りTシャツです。
最新の技術を駆使し、お肉研究員がひとつひとつ手作りで印刷しています。
ご希望であれば他の色でもご注文頂けます。

肉ラボパーカー 4900円

肉ラボのロゴマーク入りパーカーです。
最新の技術を駆使し、お肉研究員がひとつひとつ手作りで印刷しています。
ご希望であれば他の色でもご注文頂けます。

お肉シール3枚入り 200円

お肉のシール・肉Jのロゴマーク・肉ラボのロゴの3種類のシールが入っています。どのお肉が入っているかはランダムです。

4.肉J反省点

お肉の「ビジュアル(Visual)」「香り(Smell)」「音(Sound)」を一度に楽しむことができる肉Jでしたが、問題点がいくつか発生しました。
1.焼く音をマイクで録る際に、マイクと炎の距離が近すぎて危険
2.焼いているお肉をカメラで撮る際に、カメラと炎の距離が近すぎて危険
3.DJ BAMBAがお肉を焼いている様を観察しているお肉研究員達は、お腹が空いてしまう
この3点の問題が浮き彫りになったため、お肉理事長も含めた「肉ラボ最高お肉会議」でこの問題について話し合い、次のシンポジウムに活かしてまいります。